Wordpress(ワードプレス)

HP制作依頼をワードプレスで行うメリット・デメリット

ホームページ制作ツールの中で、世界で一番のシェアがあるWordPress(ワードプレス)ですが、よく名前は聞くけど、実はワードプレスでHPを制作するメリットがよく分からない…という方に、ぜひ読んでいただければと思います。

当社でもワードプレスでのHP制作を承っていますが、たくさんの良いところと、機能やサービス面で不便なところがいくつかあります。

これからHP制作会社に発注する際に、しっかり理解した上でツール選びをする参考にしていただけますと幸いです。

そもそもワードプレスって何?

WordPress(ワードプレス) は、CMS(コンテンツマネジメントシステム)野中の一種で、世界で一番のシェアがあるHP制作ツールです。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)という難しい言葉が早速出てきましたが、簡単に言うなら、「プログラミングの知識がなくても簡単に Webサイトが構築できるシステム」です。画像や文字のデータ、サイトのレイアウトやデザインの情報を一元管理してくれる便利なヤツになります。

よくある、ブログもCMS(コンテンツマネジメントシステム)の一つです。アメブロやはてブなども、同じCMSの仲間になります。ブログもWebサイトの一種です。

アメブロなどのブログの運営をしたことがある方は想像がつくかもしれませんが、プログラミングやコーディングの知識がなくても、文字の修正や画像の差し込みは簡単にできるはずです。また、日付や、カテゴリなどで絞り込みをしたりすることもできますよね、それもワードプレスでも自分で好きなようにカスタマイズすることが可能なんです。

HP制作をワードプレスで行うメリット

では、ワードプレスでホームページを制作するとなると、筆者の目線だと3つの大きなメリットがあると思います。一つづつ順を追ってご説明いたします。

テーマや プラグインが豊富

ワードプレスでは、テーマというデザインの着せ替えが豊富にあります。世界中のエンジニアやデザイナーが制作したり、ホームページ制作会社がお客様のHP制作専用にテーマを作っています。

その制作会社が作ったテーマを、カスタマイズしたりすることもできるため、デザイン性が高かったり、融通が効く場合も多くあります。後から業者に修正の依頼をする場合も、パーツ事の修正が可能なので、スピーディに対応してもらえる可能性が高いです。

また、プラグインという拡張機能を後からプラスすることもできます。例えば、アクセス解析と連携する機能や、おしゃれなボタンを追加する機能があったりします。

あとから、何か機能を足したい!という場合も、プラグインを使えば費用がかからずに対応できる場合もあります。

一度作ってしまえば後は更新するだけ

ワードプレスの良いところは、前述の通りテーマという雛形を業者に依頼して、御社では、更新をしていくだけというところです。

記事やページの投稿も、ブログ感覚で行うことができるため、非常に更新の便がよいです。新しいワードプレスのバージョン「Gutenberg(グーテンベルク)」では、画像と文章を横並びにしたり、余白の調整なども簡単にできるため初心者の方でも使いやすいものになりました。

複数名で編集・更新ができる

会社の中で、色んな人が編集・更新を行うことができるという点も、非常にメリットだと思います。

何名でも、アカウントの設定もでき、ワードプレス内でできる権限の設定まで個人単位で行うことができるので、企業のホームページとして運用するにはピッタリです。

管理者の権限は、ホームページ制作会社が持っていて、依頼をしてアカウントを追加してもらうという場合もあるかと思いますので、ぜひ活用いただくと良いでしょう。

HP制作をワードプレスで行うデメリット

ワードプレスでHP制作を依頼するメリットについてお伝えしましたが、良い面ばかりでもありません。ワードプレスでHP制作する場合のデメリットについてもお伝えいたします。

初期構築の費用がかかる

ワードプレスで初期構築をするには、制作会社側でプログラミングをフルスクラッチで制作する場合よりも、多く時間を費やします。

しっかりサイトを構築するためには時間と技術が必要です。そのために初期構築のための費用がかかることはやむを得ないかと思います。

表示速度が遅くなることがある

ワードプレスでは、様々なプログラミングを書いてあるシートを読み込んだり、プラグインのデータを読み込んだり、たくさん行ったり来たりさせることによって、表示の速度が遅くなることがあります。

ただ、制作会社側でプログラミングを圧縮したり、不要なプラグインを削除することによって、大幅に表示時間を短縮することもできます。

ワードプレスでHP制作はメリットの方が多い

実際にワードプレスが世界中でシェアを獲得しているのには、やはりそれなりの理由があります。

制作会社と運用する企業側とで、しっかり役割分担をすることによって、良いHPをワードプレスで構築することができます。すべて丸投げしてしまうHPは成果が出にくい中で、ワードプレスは更新する側の目線も年々増えてきているため、突出して良いシステムだと感じます。

UxME(ユーエックスミー)でも、ワードプレスをつかったHPの構築を行っておりますので、ぜひご検討中の方はお気軽にご相談ください。

03-6856-7725

  1. ホームページ原稿ってどう書く?
  2. 誰
  3. フリーランス・個人事業主のホームページは必要か
  4. 中小企業
  5. “ホームページ制作 打ち合わせ” はロックされています。 ホームページ制作 打ち合わせ
  6. 開業前
PAGE TOP