開業前

開業前にホームページは準備するべき!

開業をしようと考えている方にとって、どのタイミングでホームページを公開するかは悩ましいポイントではないでしょうか。

開業後にゆっくりホームページを制作すればいいや…と思っている方もいらっしゃるかもしれません。ただ、ホームページを開業前にオープンしておくことは多くのメリットがあります。具体的にどんなメリットがあるのか、具体的なホームページ活用例などを踏まえて詳しくご説明いたします。

開業すると決まったら、まずはホームページ開設

開業をしよう!と決まったら、まずはホームページを開設することをお勧めします。開業をしてから、御社のビジネスを成功に導くのは、営業力です。

ホームページは営業ツールになるため、営業力がない…と嘆いている方には、心強い営業マンとタッグを組むことと同じことになります。

会社の看板にもなるホームページをなるべく早く作っておくと、世間に御社のことを認知してもらえるスピードがアップします。

ぜひ、開業するなら1日でも早くホームページを公開することをお勧めします。

開業前にホームページを開設するメリット

総務省の「 平成29年通信利用動向調査の結果 」によると、個人における「インターネットの利用目的・用途 」として、商品の購入や取引が49.1を占めています。 企業や商品を選ぶ際に、個人がホームページやインターネットを活用していることがわかります。

そんな需要がある中で、開業前にホームページを制作しておくメリットについてくわしくお伝えいたします。

会社を辞める前から準備ができる

ホームページは、個人・法人・団体など、業態や属性問わず誰でも公開することができます。つまり、会社を辞めることなく、開業に向けた準備や経験を積むことができます。

ホームページは営業ツールです。その営業ツールの準備を、土日や平日の仕事終わりにひっそりと行うことができるのは、メリットの一つではないでしょうか。 。プライベートな時間を犠牲にする覚悟がいりますが、スタートダッシュを切るためには必要な時間になるかと思います。

ホームページ開設から得られるビジネスヒントがある

ホームページを制作すると、御社のビジネスについて整理する時間となります。

ホームページを早く公開して、運用しておけば、アクセス解析などを通して、顧客に刺さるコンテンツや、人気の商品やサービスなどを見つけることができます。

営業手段としてのホームページ活用

紹介営業

開業したての時は、紹介営業からスタートする方も多いはずです。紹介だから、営業ツールはいらない…なんてことはありません。名刺やパンフレットに、ホームページのURLがないと、結局、「ホームページはないの?」と言われかねてしまいます。

しっかりとサービスや企業情報を掲載したホームページを用意しておくことによって、元から見込み度の高い顧客を、更に囲い込むことができます。

テレアポ・電話代行

営業に費用をかけることができるなら、テレアポや電話代行を利用することもあるかもしれません。この記事をライティングしている筆者は、テレアポをしていた経験も、受けた経験もあるのでどちらに目線でも、ホームページはあったほうが良いと思います。

テレアポをする側目線でも、電話を切られる直前に「あとでホームページを見ておくよ」と言われることも多々ありました。せっかくの機会を逃してしまうのはもったいないですから、しっかりと電話番号や、屋号で検索してヒットするホームページを制作することをお勧めします。

また、テレアポをうける側目線ですと、電話番号がビジホンに表示された段階から、電話番号や名乗ってきた企業名をWebで通話中に検索しています。

ホームページがヒッとしてこない会社 や、ホームページが怪しい会社はすぐに電話を切ってしまいますし、魅力的なサービスだと判断した場合は、上席のものに取り次ぐ場合もあります。

ぜひ、開業時は督に、テレアポのトークにあったホームページを制作することをお勧めします。

折込チラシ・ポスティング

開業と同時に、折込のチラシや、ポスティングをエリアマーケティングの一環で行う企業も多くいらっしゃいます。

チラシやポスティングの誘導として、電話番号だけを設定しているところも多くあるかと思いますが、それだけだと、電話がふさがっていた場合や、営業時間外に連絡をいただくということがとても不便になります。

お問合せフォームへの誘導や、移動中でもサービスの確認などができるように、しっかりホームページのURLも掲載しましょう。

開業キャンペーンなどで、チラシやポスティングをする場合は、お問合せに至る率も高くなりますので、ぜひ1回目ほど準備をしっかり行うことが大切です。

Web広告・ SNS

リスティングやPPCなどのWeb広告や、SNSとの連携で営業リードを獲得していく、という場合はもちろんホームページが必要です。

目的や用途にあったページを作成することがマストになりますので、ぜひしっかり対応してくれる業者を見極めて依頼をすることが重要です。

当社でも開業ホームページの支援を行っています

御社が求めているホームページをしっかり、ヒアリングした上でご提案いたします。もちろんお問い合わせいただいても、必ず申し込みしなければならない訳ではありません。

当社でないところでお作りされた方が良い場合は、その旨を正直にお伝えすることもあるかと思います。

ただ、あるだけではないホームページを作りたい方は、ぜひUxMEへお問合せください。

  1. 訪問介護
  2. コンテンツ
  3. Wordpress(ワードプレス)
  4. ホームページ制作 メリット
  5. 介護・福祉ホームページ
  6. フリーランス・個人事業主のホームページは必要か
PAGE TOP